ネットでの出会いで、写真と違う、というのは良くあります。

最近では加工アプリが発達しているので、加工が凄い場合が多いです。

特に、肌のきれいさについては、かなり高いレベルで加工することができるので、ネットでの出会いで写真と違って肌が汚い、というリスクがあります。

以下、ネットでの出会いで実際に会って写真と違うという悲劇を防ぐための方法を解説していきます。

写真と違う場合の対策法

  • 写真を送ってもらう
  • ビデオ通話をする

以下、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

複数枚の写真を送ってもらう

ネットのプロフィールで写真の数が少ない場合は危険です。特に1枚だけの場合は「奇跡の一枚」の可能性が高いので注意が必要です。

  • 「プロフの写真いつ頃の?」→「今も同じ髪型なの?」
  • 「プロフの写真どこで取ったの?」→「別の場所で取った写真も見たいな」

などの流れで顔以外に着目しているように見せて、別の写真を送ってもらいましょう。

絶対に顔をチェックするという名目ではメールをしないようにしてください。

マッチングアプリ写真と違う女対策 ビデオ通話をする

ネットでの出会いで写真と違う、というリスクを防ぐためには、LINEなどでビデオ通話をするようにしましょう。

まずはアプリのメールのやり取りからLINEに移行して、その後、LINEでメールが盛り上がっている時に電話をかける流れを作りましょう。

「メールじゃ面倒だから・・・」などの理由で電話をしておきましょう。

そこで、顔見ながら話したい、という風に相手を誘導して、ビデオ通話で実際に顔を見ておきましょう。

顔が残念であれば、そのまま自然にやり取りを減らしてフェードアウトすれば良いです。

おすすめの記事