ネットでの出会いは顔が重要です。出会い系のプロフィールにおいて、男性の顔写真は非常に重要です。

顔写真があるだけで、女性心理に与える「安心感」がグッと増し、女性が安心してあなたとやり取りできるようになります。

メールなどを送った際の反応率も桁違いに変わります。

自分は顔を出さないのに、顔写真を掲載している女性を狙うのは、もちろん難しいです。

どうしても顔写真の掲載に抵抗がある人はネットの出会いサイト内のアバター(サイト内で自分の分身となるキャラクター)だけでも結構です。

アバターを使う場合には、あなたの実際の外見の印象に似せるようにしてください。

そうすることで、実際に会った時の悪いギャップが生じるのを防ぐことができます。

出会い系のプロフィール 顔写真のポイント

顔写真は、フラッシュをたいて、かっこよく見える角度で最高の一枚を撮影してください。

ただし、決め顔になりすぎないようにしてください。アピールしすぎ、ナルシスト、とかいった印象を与えてしまい、気持ち悪がられます。

自然な笑顔で撮るようにしてください。

また、自撮りではなく、友達に撮ってもらった感じにするようにしてください。撮ってくれる人がいない場合は、タイマー設定にして撮るようにしてください。

ネットナンパでは、顔にあまり自信が無く不安、という人でも大丈夫です。

女性が最初に見るのは、かっこよくとれた顔写真なので、その写真で外見の第一印象が形成されてしまいます。

あなたとやり取りするときに女性が頭に思い浮かべているのは、写真のあなたなのです。

そのため、実際にあった時に多少外見が劣っていても、全く問題ないのです。

しかし、くれずれもやり過ぎには注意して、「奇跡の一枚」と言っても、別人に見えるようなあまりにも実物と違う写真にはしないでください。

顔をあまり出したくない、顔にあまり自身が無い人は、画質の粗い写真でもいいです。

やや遠目からとって、顔をアップにして切り取ってアップすれば良いと思います。

スマホで撮影し、アプリなどで軽く加工するのもアリですが、「必死さ」が出ないように、加工し過ぎには気をつけましょう。

単独以外の写真

他には、写真があれば、女性に楽しそうな人・友達多そうという雰囲気が伝わる

「旅行中の写真」、「イベント時の写真」・「複数の人と一緒に写った写真」などもオススメです。

これらを、自分の顔の部分だけを切り抜いて登録してください。

ネットでの出会い専用に新たに撮ったのではない、というさりげなさ、必死でない感じが好印象なのです。

複数人での写真は、女性の反応がかなりいいので、友達に頼んで、新規に撮るのもありです。

顔写真をサイトに掲載しない場合でも、多くの場合、後で顔写真の交換をするはずなので、早めに写真は用意しておいてください。

ネットの出会いを有利にする写真の撮り方

ネットナンパプロフィールで、顔写真は重要、と書きましたが、さらに詳しく、ネットの出会い用の写真のテクニックを解説していきます。

肌を綺麗に見せるテクニック

湯上りに撮ることで、肌をかなりきれいに見せることができます。

血流が良くなることで、肌が綺麗に見えますし、さらに蒸気により、肌が潤います。

湯上りにすぐに写真を撮ることで、かなり肌がきれいに見えます。

もちろん、湯上りに写真を取るときにも、髪はきちんとワックスなどを使ってセットしましょう。

その他、軽く運動をして体温を上げることでも、顔の血色が良くなるのでオススメです。

メンズコンシーラーを使うのも効果的です。

ただし、目立つほくろなどを完全に消して写真を撮ってしまうと、疑われるかもしれないので、気を付けてください。

写真撮ろうと思ったのに、ニキビが出きてしまった、という時に使うと便利です。

後、普段から使っても非常に便利です。私も使っています。

また、写真を撮る時はキメ顔過ぎるのはなしです。どうやってもカッコいい系に向いてない人が、無理にカッコよさを出そうとすると失敗するので、

その場合は、「いい人そう」などという印象を目指して、自然な笑顔で写真を撮りましょう。

また、肌をきれいに見せるのには、フラッシュをたくのが効果的です。

外で昼間に写真撮影するのも効果的です。

スマートフォンで撮って、スマホアプリで加工するのもありです。

ただし、やり過ぎるのは無しにしましょう。できるだけ加工の前に元を良くした方が安全です。加工した後、時間をおいて見なおすと、ヤリ過ぎに気付ける。

また、何も正面から写真を撮る必要はなく、写りが良い物、雰囲気がよいものであれば、横顔や、斜めのものでも構いません。

撮影の時には、連射機能や動画を使って表情を変えながらとり、その中からベストなものを選ぶと効率が良いです。

背景の工夫

後は、取る場所の背景も重要です。

「人物」そのものだけでなく、背景も非常に大きな効果をもたらします。

有名な話ですが、学者がテレビなどのメディアに出演する時には、必ずと言ってよいほど、背景には大量の本が並べられています。

それにより、「専門家」という印象付けをより強く行うことができるからです。

これがもし、背景がアニメポスターだったり、グラビアアイドルのポスターだったりしたら、どんなに素晴らしいことをしゃべっても台無しですよね。

写真から女性がすぐに「エピソード」がつかめるようにするのが大事です。

どういう状況で撮ったのかがすぐ分かるようにしましょう。

「モテない男が、無理にカッコつけて自撮りしてる」などというエピソードは最悪ですよ。

賢そうなキャラをがアピールをしたいなら、本棚をバックに映すのもgoodです。

真面目系の女性に対してや、婚活系のサイトに登録する写真ならウケが良いです。

音楽好きなアピールをするなら、ミュージシャンのポスターや、ギターをバックに映すなどすればよいでしょう。

金持ちアピールをするのなら、高そうな外車を背景に入れて写真をとりましょう
(※持ってなくても、駐車場に止めてあるのをバックに勝手に撮ってもよいと思います)

自分のアピールポイントを、背景に入れることで、さりげなくアピールすることができます。

あくまで、さりげなく、がポイントなので、いくら背景でも、写真に占める面積が多過ぎないようにしてください。

顔写真以外の写真の工夫

顔写真以外にも写真を設定できることが多いので、その場合のコツを解説していきます。

写真は、メインのプロフィール写真以外にも、複数アップしておくことが大事です。

最初のプロフィール画面に出るもの以外にも、写真をアップロードできるので、

色々なタイプの写真をアップしておきましょう。

色々なタイプの写真を女性に見れるようにしておくことで、女性があなたに興味を持つ確率がより上がります。

ただし、ソロの写真が多いと印象が悪いので、注意してください。

たまに、男性で色々な角度からの自撮りをアップしている人がいますが、評判は最悪と言っても良いでしょう。

友達が多そうな写真

「旅行中の写真」、「イベント時の写真」・「複数の人と一緒に写った写真」などもオススメです。

良いアピールポイントのアイデアが浮かばない、特定の印象を与えずに幅広い女性をターゲットにしたい、という人は、背景を白にすれば無難に好印象です。

季節感を取り入れる

また、季節感を取り入れても、反応が上がります。

春なら桜、夏なら海、秋なら紅葉、冬ならスキーなどです。

季節感がある方が、女性が楽しいことをイメージしやすいからです。

逆に、違う季節に、違う季節の写真を使うと、反応が下がります。

長期間サイトに登録しているモテない、あまり出会いに本気でない印象などの悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

顔写真をサイトに掲載しない場合でも、後で顔写真の交換をするので、早めに写真は用意しておいてください。

おすすめの記事