まず、ネットナンパについて良く知らない方のために、ネットの出会いサイトの基礎知識や、ネットの出会いサイトへの登録方法、基本的な使い方などについて解説します。

ネットナンパの方法 マッチングアプリに登録

ネットの出会いサイトについては、自分の好みのタイプの女性が見つかる確率が高くなるので、できるだけ多く登録した方が良いです。

サイトによって、登録している女性はもちろん違うので、効率よくネットナンパで女性と会うためには複数登録すべきです。

先ほど紹介した優良ネットの出会いサイトなら、登録は完全無料で、女性のプロフィールの閲覧も無料なので、複数のネットの出会いサイトに登録してより多くの女性からアプローチする女性を探しましょう。

特に地方在住の方は、登録者数がかなり少ない場合もあるので、複数登録しておかないと、なかなかナンパしたい相手が見つからない、ということになってしまいます。

女性の場合は、複数のネットの出会いサイトに登録している女性はほとんどいません。

ですから、あなたがより多くのネットの出会いサイトに登録するほど、その数に比例して出会いの数は増加していきます。

サイト登録の手順はまずプロフィール作成、次に電話番号の認証を行います。

電話番号認証は、同一サイトへの多重登録を防ぐために行うもので、電話は犯罪行為をしない限りかかってこないので安心してください。

プロフィールは後からでも変更できるので、ひとまず最低限入力しておいて、きちんとしたものは後で作ればよいです。

これで一応は登録完了です。

この後、さらに年齢認証をします。

先ほど一応登録完了と言ったのは、年齢認証をしないと、サイトの機能が大幅に制限されてしまうからです。

ネットの出会いサイトでは出会いやすく、セックスしやすいという特徴があります。

そのため、18歳未満は法律により使用禁止になっており、先ほど「メディアの選び方」で説明したように、年齢認証は重要なので、必ずするようにしましょう。

年齢認証は、生年月日、書面の名称、書面の発行者名の3つの情報が必要で、運転免許証や学生証などで可能です。

名前、住所、顔写真などは必要ないので、安心して利用できます。

これらの部分はペンや小銭などで隠して、ケータイで写真を撮って、それを送信すればOKです。

他の年齢認証の方法もありますが、書面の写真を撮って送るのが一番手軽なので、この方法がおすすめです。

10秒くらいで用意できますし、写真は他のネットの出会いサイトに登録する際にも使い回せて便利です。

上記のネットの出会いサイトの使い方は、優良なネットの出会いサイトではほぼ共通のものです。

先ほど紹介した4つの優良ネットの出会いサイトでも、全てほぼ同じ手順で簡単に登録できます。

登録時がハードルが高いと思うので、一気全サイト分済ませてしまった方が良いと思います。

後でもっと出会いが欲しいから、もう一つ登録しよう、と思っても、面倒になってやらないと思うので。

ここまで済んだら、プロフィール検索を使って好みの女性を見つけてください。

優良ネットの出会いサイトでは、顔写真の有無、年齢、身長、体重、酒・たばこの嗜好、空いている時間帯、などなど、様々な条件で瞬時に探すことができます。

ネット 彼女の作り方 複数の女性にアプローチする

そして、好みの女性が見つかったら、それぞれの女性に対してナンパしていきましょう。

必ず、複数の女性にナンパしてください。

これは、このサイトのいたる所で書いていますが、一人の女性に絞ってナンパして、もしだめだったら時間のロスが大きいです。

反応があった女性達とは、メールのやりとりを続けます。

そして、関係が温まってきた順番で、女性と順に会っていき、その女性とどうなりたいかを判断します。

付き合うのか、すぐにセックスをするのかなどを判断してください。

これを繰り返せば、リアルでの出会いよりも、かなり格安に短時間で大量の女性から、好みの女性を選ぶことができます。

詳しいネットナンパの方法は、すぐ後の「ネットナンパ/攻略」で解説しています。

先ほど紹介したような優良ネットの出会いサイトでは、カップルになって辞めていく人、新たに登録する人が多く、人の入れ替わりが激しいです。

ですので、定期的に登録したネットの出会いサイトにはログインして女性をチェックすることが大切です。

そうすることで好みの女性とネットで出会う確率が上がります。

ネットナンパでは「登録したばかりの女性」の方が当然ながら反応が良いので、好みの女性が見つかったらすぐにナンパしましょう。

ここまで、ネットでの出会い、ネットナンパの魅力や、使うべきSNSやネットの出会いサイトの判別法、ネットの出会いサイトの基礎知識などについて解説してきました。

ネットナンパ/攻略ではいよいよ、実際にどのようにしてネットで出会って付き合い、セックスするか、というネットナンパの攻略法を解説していきます。

ネットでの出会いにおいては、良いサイトを選ぶのが第一関門で、第二関門はネットナンパの方法です。

「ネットナンパ/出会い」で第一関門は通過できたと思うので、次は第二関門を通過しましょう。

良いSNSや、優良ネットの出会いサイトに登録しても、ネットナンパ、つまり女性へのアプローチの仕方が下手だと意味がありません。

これから解説する恋愛心理学を活かしたネットナンパ攻略法を使えば、他の男たちが「アホなメール」を送りまくっている間に、あなたは簡単に女性と出会うことができます。

会話が上手い、外見が反則的にカッコいい、などの強みを持ち、リアルではモテる男でも、ネットナンパは下手な場合が多いです。

なぜなら、ネットでの出会いには普通の出会いとは大きく異なる特徴があるからです。

そのため、リアルのナンパではモテる男でも、ネットナンパではまるで上手くいかない、ということがよくあるのです。

以下では、ネットナンパの特徴を押さえた、女性心理を揺さぶる恋愛心理学のテクニックを解説していきます。

このネットナンパの攻略法を学べば、リアルなら恋愛で敵わないようなモテる男にも、余裕で勝つことができます。

ネットナンパ攻略法を読んで「なるほど、上手く行きそうだな・・・」と納得するだけでなく、必ず実践してください。

きちんと実践すれば、必ず結果は出ます。

ネットナンパの心構え

ネットナンパでの心構えについて、まずは解説しておきます。

ネットナンパではあなたが「安全」だと女性に伝えることを第一に考えましょう。

ネット上でメールのやり取りや、スカイプなどを使う時には、自分が「安全」であることが女性に伝わるようにしましょう。

女性はさびしさの穴埋めをするためにネット上で出会いを求めるのですが、ネットでの出会いに少なからず不安な気持ちを抱いています。

まずは、その不安を取り除くことが大切です。

テレビなどのメディアで、出会い系などのネットでのメディアにおける出会いに関連した事件が報道されているので(実際はほぼ皆無なのですが)

ネットでの出会いが怖いという気持ちを抱いている女性もけっこういます。

ですから、女性の不安をあおるような発言はしないようにしましょう。

例えば、 すぐにデートに誘うとか、 すぐに下ネタに持っていくとか、 すぐにメールアドレスを訊くとか, すぐに写真を交換しようと言うとか、

です。

このような内容のメールを序盤で送っている男がほとんどですが、これを見た女性は、「怖い」と思って逃げ出してしまいます。

ある程度仲良くなるまでは、誠実さ・真面目さを感じられるようなやり取りをしなければなりません。

多くのネットナンパをしている男性が、すぐに女性を誘ってしまいます。

ネットの出会いサイトの検索で、エロ目的、H目的と書いている女性がいても、あなたがセックス目的であることがすぐにバレてはいけません。

そのような女性でも、不安は少なからず感じているものなので、最初のうちは真面目な感じでコミュニケーションすべきです。

ただし、女性側が冗談が通じそうな感じなら、下ネタでないやり取りをするのも効果的です。

注意点としては、ネットの出会いでは、安心感を与えるために、ある程度自分の情報を出すんですが、女性のプライベートを詮索するようなやり取りはしないようにしてください。

怖い男、という印象を与えてしまったり、女性の匿名性が失われ、女性の反応が悪くなるからです。

また、ネットの出会いサイトから、実際に会う時にも、女性は不安を感じているので、まずは安心感を与えるようなやり取りを心掛けてください。

「ターゲットの選別」の内容を踏まえて、優良ネットの出会いサイトの検索で狙うべき女性をしぼったら、いよいよ女性にナンパしていきましょう。

もちろん、複数の女性に同時にナンパしていきます。

ネット上でのコミュニケーションは、基本的にリアルでの出会いと同じで構いません。

メールにおいても、実際に対面しての会話においても、モテる会話は同じですからね。

ネットの出会いサイトでのネットナンパでも恋愛テクニックドットコムの「会話術」のカテゴリーを参考に、やり取りを行っていってください。

特に、ネットナンパでは最初のメールがとても大事ですので、最初のメールでのアプローチの仕方について、かなり詳しく解説しています。

ネットナンパのコミュニケーションにおいては、先述しましたが、ネットの検索エンジンを有効に使いましょう。

これはリアルの会話では不可能なのですが、ネットナンパでは知らない話題でも検索エンジンで調べることにより、会話が途切れることがなくなります。

女性との話題がない、という人でも、検索して調べることで少しは知ってるよ、という感じを出せるので、コミュニケーションはかなりしやすいはずです。

どの話題に対しても詳しい、というのでは不自然なので、くれぐれも、「少しは知っている」、という感じを出すことが大事です。

サイト内である程度メールのやり取りをして仲良くなったら、(目安として3~5往復ぐらい)相手のメールアドレスや、LINEなどのIDを訊きましょう。

「サイトでメールするの面倒だから』などと理由をつけて連絡先を交換してください。

その後で、顔写真は交換します。(女性が写真をアップしていなければ)

多くの男性がネットの出会いサイト内で写真を交換しようとしますが、

女性の心理的なハードルは写真交換>連絡先交換なので、

先に連絡先を交換してから、写真交換を提案するのが良いです。

この順にやれば、かなり安全に写真を交換できます。

また、ネットナンパ=メールと考えるのは止めましょう。

ネットナンパにおいてモテるメールテクニックはとても大切ですが、メールだけに頼り切ってしまうのは効率が悪いです。

ある程度サイト内でメールのやり取りをして仲良くなったら、普通のメールやLINEに移行しましょう。

そして、普通のメールやLINEで仲良くなったら、電話に移行しましょう。

ネットの出会いサイトを使って、ネットでの出会いをする際に、ドタキャンされた、という話をネットの体験談などでみることがあると思いますが、

直接会う前に電話(LINE通話)しておくと、ドタキャンされる確率が激減します。

メールだけだと、直前に女性の気が変わることが結構多いです。

直前までノリノリでも、やっぱりやめとこうかな・・・となってしまうのが女性心理です。

なので、ネットでの出会いでは電話は絶対かけておいてください。

電話をしておくと、安心感が増しますし、ドタキャンすることに対する罪悪感も大きくなるので、会える確率が大幅に上昇します。

「メールだと長くなるから・面倒だから」などの理由をつけて電話番号を教えてもらいましょう。

二人の仲がある程度深まっていれば、容易に教えてもらえるはずです。

ネットナンパ ターゲットの選び方

ネットナンパにおいて、どの女性をターゲットにするか、という点について解説します。

SNSやネットの出会いサイトの中で恋愛しようとしている女性をターゲットにすることが大切です。

優良ネットの出会いサイトにはサクラはいません。

サクラは、業者自体が用意して、男性に金を使わせるためにメールのやり取りなどをしている人のことですが、優良のネットの出会いサイトでは、サクラを用意する必要がありません。

なぜなら、大量に登録している、恋愛心理学や女性心理が全く分かっていない男たちが、女性が反応するはずの無いメールを大量に送って、会社を儲けさせてくれるからです(笑)

ネットナンパ/出会い・恋愛で紹介しているようなネットの出会いサイトは、

女心を全く分かっていないモテない男が大量にいるから、10年以上も運営できるんです。

このサイトにたどり着いたあなたには関係の無い話ですが。

しかし、釣り師や他のネットの出会いサイトの業者がいることがあります。

釣りとは、誰かがネット上の女性の写真などを勝手に使ってメールのやり取りをしてからかう行為です。

優良ネットの出会いサイトにサクラはいませんが、こんなことをして楽しむ悪趣味な暇人がごく希にいるんですよね・・・

また、他のネットの出会いサイト業者とは、優良ネットの出会いサイトから自分の超高額な悪徳ネットの出会いサイトに、ユーザーを誘導して登録させようとする人のことを指します。

「私、このサイトやめるから、こっちのサイトでやり取りしよう」「ログインできなくなったから、一緒にこのサイトに登録しよ♪」といった形で詐欺サイトに誘導してきます。

そして、そこで高額なメールのやり取りをさせ、収益を上げることが目的です。

釣り師やスパイを見分ける方法を解説していきましょう。

まず、異常に美人な写真で、プロフィールも男受けするような内容を書いている女性は避けるべき、ということです。

釣りやスパイをやる側としても、顔写真を載せていた方が男性の反応が良いことは百も承知ですので、顔写真を載せていない女性が釣り師やスパイである可能性は極めて低いです。

また、胸の谷間を映している写真などのエロい写真は、釣り師や業者である可能性が高いです。

やたら積極的にアプローチしてくる女性、(メールの頻度が高い、メールが長文で絵文字などが凝っている)なども、かなり怪しいです。

また、女性で大量のサイトに登録している人は、怪しいです。

普通の女性は、1~2サイトぐらいにしか登録していません。

このサイトにもいた、あのサイトにもいた、という女性(同じ顔写真で)は、業者が詐欺サイトに誘導するためにやっている可能性が高いです。

以上の点に注意すれば、釣り師やスパイにひっかかることはほぼ皆無でしょう。

その他のごく少数の場合でも、ほんの少し常識のある人であれば、釣り師やスパイには、すぐに違和感を覚えるはずなので、

先ほど紹介したサイトの選び方の基準を満たしているサイトなら、安心して使って大丈夫です。

男性の心理として、顔出しをしている女性が良い、と考える人も多いと思います。

顔を最初にチェックできないのはイヤだという男性もいると思いますが、顔出しなしの女性の中にも、シャイな性格の女性で写真を公開していないだけで、かわいい女性は十分にいるのです。

また、リアルではいつも外見だけで判断されて男が寄って来ているから、外見ではなく、プロフィールだけで、内面で自分を好む男性を探しているという子も多いです。

また、顔出ししている女性には、男性からのメールが集中する傾向があり、逆にそうでない女性はライバルが少なく、狙い目なので、この点からもおすすめです。

特に、ネットナンパを初め立てのうちは、顔写真を載せていない女性を狙ってください。

そうすれば、出会える確率は本当に高いです。

ネットの彼女は名前に注意

女性の名前についての選別法ですが、登録名がアホっぽい女性には、あまりまともな女性はいません。

「チョコ」、「ショコラ」、「プリン」、「りんご」(なぜ食べ物?)とか、「エリザベス」(日本人なのになぜに洋風?)とか、「アイちゃん」(なぜか自分でちゃんづけ)とかです。
※全部実際にいました

このようなアホっぽい登録名を付ける女性は、詳しく説明するまでもなく、アホな可能性が高いです(笑)

ここで挙げたような例以外でも、常識的に考えてアホっぽい名前を付けている女性はアホな女性が多いです。

セックスだけが目的なら狙いやすいので、あえてそのようなアホな女性にいくのは良い戦略です。

しかし、真剣に付き合う相手を探すのが目的なら避けるのが賢明です。

あと、頭の良い女性が好きな人も、絶対に避けた方がいいですね。

真面目に付き合いたいのか、セックスだけしたいのかなどのあなたの目的に応じて、ネットナンパのターゲットを変えてください。

ちなみに、、コンプレックスのある女性も、ネットナンパでかなりセックスしやすいです。

「ぽっちゃり」のコミュニティに入っていたり、自分のプロフィールに自分を卑下することを書いているような女性です。

こういう女性は、自分に自身がないタイプなので、ほめる・共感するの効果が大きく、セックスしやすいです。

あと、ネットではよく、素人で、金を払ってくれるならセックスOKという子がいます。

そういう女性を狙っていきたいなら、まずは、上記の基準で釣りでないかを判断することが大事です。

釣りであるかどうかを判別するのがやや面倒ですが、素人の女性に当たれば、かなり高い確率でセックスできます。(金を払えば)

「金はセックスした後に払うよ」、という感じに言ってから、ヤった後に払わない、という方法も成功することがありますが、

後払いにすると言うと、帰ってしまう女性が多いです。

こういう金+セックス目的の女性に対してでも、やりたい、やりたい、という感じを出さずに、プロフィールをちゃんと読んで、

普通にちゃんとやり取りをして、安全な男であることをアピールしてください。

そうしないと、このような女性相手でも、セックスできません。

こういう女性の心理を大きく占めるのは、ホテルとかの個室で危険な男と二人きりになることに対する恐怖です。

当日は、セックスが確定しているからと油断せずに、清潔感のあるファッションをしていってください。

会話術とかを磨かずにとりあえずすぐにヤリたい、という人は、こういう女性を狙っていってやってみてください。

ある程度ネットナンパに慣れてきたら、普通の女性を狙ってきちんとコミュニケーションすれば、ドタキャンとか途中で帰ってしまったりする確率が低いので、

効率良くセックスできるようになります。

ネットナンパでは、あなたの女性の好みと、目的を考えて、上記の内容を参考にして、どの女性を狙っていくかを考えてください。

掲示板の種類

ネットの出会いサイトには、掲示板というものが存在します。

掲示板には、アダルト掲示板とピュア掲示板の二種類があります。

アダルト掲示板とピュア掲示板、どちらの掲示板も異性を引きつけるような書き込みをし、男女がそれを見てきっかけを作ることが狙いで用意されています。

このネットナンパにおけるこの「掲示板」の使い方について解説したいと思います。

まず、アダルト掲示板についてですが、これはあまり使わない方がよいです。

男心として、アダルト掲示板に引かれるのは分かりますが、おすすめできません。

先ほど「ターゲットの選別」で述べた釣り師や業者、援助交際などの金銭目的の女がアダルト掲示板には非常に多いからです。

特に、エロい写真を掲載しているものだとかなり危険です。

そもそも掲示板を使うのがあまりおすすめできません。

まず、掲示板に書き込む場合についてですが、彼女が欲しい、という必死さが出てしまいがちですし、掲示板からの女性の反応はメールの場合に比べてかなり悪いです。

女性からの反応があったとしても、誰が反応するのか分からないので、効率が悪いです。

逆に、女性の掲示板への書き込みを見てメールする場合ですが、

この場合は男性のライバルが非常に多くなる傾向にあるので、あまりおすすめできません。

いずれの場合にしても、男性が使う場合には掲示板にはあまりメリットがありません。

プロフィール検索からのメールでネットナンパする方が、相手のプロフィールを読んだうえでアプローチできるので、成功率が圧倒的によいです。

アダルト掲示板とピュア掲示板は、女性にとってはメリットが大きいですが、男性にとってはそれほどメリットがないので、

使うのであればメールでのアプローチの補足程度に使ってください。

掲示板を使うなら、効果があればいいなぁ、ぐらいの気持ちで気長に使ってください。

基本的に、毎日一回ならタダで投稿できるので、気長にやれば女性からメールが来ると思いますが、

ネットの出会いサイトでの女性へのアプローチはメールの方が即効性が高いです。

まずはあなたが狙う複数の女性に、モテるメールテクニック(ネット)で解説している方法でメール送って、アプローチしましょう。

掲示板を使う場合は、「投稿タイトル」で女性の目を引くようなタイトルにすることを心がけてください。

掲示板では、ネットの出会いサイトのピュア掲示板の「趣味友だち募集」系の掲示板が良いです。

メジャーでないマニアックな趣味がある男性は、ここで同じ趣味の女性を探してアプローチすると成功しやすいでしょう。

また、マニアックな趣味のある女性やオタク系の女性はライバルが少ないので狙い目、ということもあります。

マニアックな趣味が一致していると、一気に心理的な距離が縮まります。

ネットでの出会いは、女性の心理的に不安に感じている女性が多いですが、マイナーな趣味が一致していると感じると、一気に安心させることができます。

好みの女性がいれば、その趣味について勉強してからアプローチするのも、円滑にコミュニケーションできるようになるのでありだと思います。

ネット会話

以下では、ネットナンパでの、その他のコミュニケーションにおける注意点について解説したいと思います。

「女性の呼び方」についてですが、初めのうちは登録名の名前で「名前+さん」や、ある程度年下であれば「名前+ちゃん」というように呼んでください。

そして、ある程度仲良くなってきたら「名前だけ」で呼ぶようにしましょう。

そちらの方が、より親密になりやすいからです。

もちろん、いきなり呼び捨てにするのは絶対にダメです。

また女性とのコミュニケーションは、最初のうちは基本は敬語・丁寧語で行うべきです。

最初からタメ口では馴れ馴れしい印象になってしまい、女性心理にあまり良い印象を与えません。

女性側がかなり年下であれば、最初から敬語抜きでも良いと思います。

が、基本的に最初は敬語でメールするようにしてください。

特にネット上では、なぜか最初から馴れ馴れしいメールを送って玉砕する男が非常に多いので。

顔を合わせていなくても、受取先には「人」がいるということをゆめゆめ忘れないでください。

敬語を使うかどうか、という点以外でも、初期の段階で馴れ馴れしい感じを出さないように気を付けてください。

ネットでは特に、いきなり慣れ慣れしいことは不快に思われやすいです。

敬語・丁寧語を使うかどうかという問題は、ネットナンパにおいて特に気をつけるべきですが、

ネット以外の出会いでも、同様に、できるだけ早くタメ口にもっていくのが大切です。

やりとりは、初めのうちは敬語でもよいですが、ある程度仲良くなってきたらタメ口に移行しましょう。

メールのやり取りを続け、互いに親しくなってくると、敬語を使うのが不自然に感じてくるはずです。

  • 「堅苦しいから、敬語抜きにしませんか?」
  • 「年も近いから、敬語抜きにしない?」

みたいな感じで提案してください。

やはり、敬語抜きのため口でやりとりした方が格段に仲良くなりやすいので、必ずタメ口に移行するようにしてください。

また、同時期に、同じような感じで、名前も呼び捨てに切り替えてください。

このため口・呼び捨てへの移行は、リアルの場合でも全く同じようにやるべきです。

タメ口に移行するタイミングをつかみにくい、という人は次のような方法をとってください。

自分の感想を敬語を使わずに話す、という方法です。

簡単な例を挙げると、
 
「この前、旅行に行ってきました。楽しかったなあ」

みたいな感じです。

これなら、非常に自然にタメ口を使うことができます。

このような文章を敬語の文章の中にいれることで、敬語とタメ口を混合させることが可能となります。

完全なタメ口に移行する前に、このような敬語とタメ口の混合状態でワンクッションを置けば、女性心理としても自然にタメ口を使うことを受け入れやすいです。

私がここまで解説してきたネットナンパ攻略法を、優良ネットの出会いサイトで実践すれば、ネットナンパに不慣れな他の大多数の男達を出し抜いて、簡単に女性と出会うことができます。

恋愛テクニックドットコムを知らないほとんどの男たちに、あなたは圧倒的な差をつけることができることは間違いないです。

当サイトでは、ネットナンパで成功するためのエッセンスを凝縮したノウハウを公開しています。

彼女を作って恋愛したい方、セックスがしたい方、色々といらっしゃると思いますが、ぜひネットナンパで目標を達成してください。

ここで解説しているネットナンパ攻略法をきちんと実践すれば、必ず達成できるはずです。

おすすめの記事