バンドワゴン効果恋愛

バンドワゴン効果とは?恋愛・心理学

バンドワゴン効果とは、人気のあるものがさらに人気なる、という心理学の用語です。

  • 行列のできるラーメン店が、行列であることが見えることによりさらに行列になる。
  • 人気で売り切れている商品がよりいっそう、欲しくなってくる

こういった現象がバンドワゴン効果の典型的な例ですね。

恋愛テクニック・ドットコムでは、恋愛で使うための効果的な手法を超具体的に解説していきます。

バンドワゴン効果SNS・マッチングアプリ

バンドワゴン効果をSNSで利用するには「いいね数」が重要です。

マッチングアプリでは「いいね数・ライク数」が表示されるものが多く、バンドワゴン効果を利用するためにはこのいいね数・ライク数を増やすことが非常に重要です。

多くのマッチングアプリでモテない男は、自分の好きなタイプの女性にいいねしてしまいます。

しかし、これではいいねが返ってきません。

そのため、人気のなさそうな女性に序盤はいいねをして、いいねをしてもらい、いいねを稼ぐのは大事です。

いいねが数個の男と、いいねが数百ついている男のどちらが女性を選ぶかは明らかですよね?

バンドワゴン効果恋愛の例

バンドワゴン効果の恋愛の例を解説していきます!

バンドワゴン効果の例
  • この前会社に女の子に誘われて今度映画見に行くんだよね。
  • この前会社の女の子に告白されちゃって
  • 昨日大学の時の女友達に食事行こうって誘われちゃって。女一人だと行きづらい店らしくて
  • 先週取引先の新卒の子に映画誘われたんだよね。断ったんだけど・・・

このような他の女に俺は人気ありますよという話をすることでバンドワゴン効果を発生させ、女性を引き付けることができます。

バンドワゴン効果を恋愛で使うときのポイントとしては、

嬉しそうに言うのではなく、さも日常茶飯事のことのように言うことが大切です。

「俺が女に誘われることは日常のエピソード。昨日の出来事の報告みたいな当たり前の感じ」

こういう感じで自分が女性に人気であることを伝えることで、女性の嫉妬心を煽ることができます。

このような発言をした後は、最後まで言わずにすぐに別の話題に移ります。

これにより、女性の感情を揺さぶることができ、

また、深く話さないことで大したことに思っていない感じを出すことができます。

バンドワゴン効果の恋愛の例の使い方としては、頻繁にやると怪しまれるので、2~3回会うたびに1回くらいの頻度で使いましょう。

おすすめの記事