追撃ラインとは、返信が来ない相手に対して、追加でラインを送ってしまうことです。

追撃ラインLINEが成功しない理由・送ってはいけない理由、送ってしまった時の対策法を解説していきたいと思います。

追撃ラインが成功しない理由

追撃ラインがダメなポイントとしては、相手のことを考えていない点です。

自分の都合で返信が無いから・不安だから、LINEを送ってしまっているんです。

LINEに返信しない理由としては、

  • 忙しい
  • 見落としている
  • メールしたくない

などが考えられます。

いずれの場合にしても、追撃ラインが来たら嫌がられるだけです。

時間が経てば、相手からそのうち返信が返ってくるはずだからです。

意図的にLINEを無視

会話中に興味付けができているのなら、相手はLINEを意図的に無視するはずがないからです。

LINEが興味を持たれていなくて無視されるようなら実際に会っている時の興味付けができていないことを反省すべきです。

追撃ライン 未読 無意識にLINEを無視

また、忙しくてメールを見るのを忘れていた場合なら、忙しくなくなったらメールが返ってくるでしょう。

そもそも、相手がラインを返しやすい時間帯にメールを返すことが大事です。タイミングが悪い時に送るからLINEが無視されてしまうのです。

どれだけ待ってもLINEが返ってこないようなら、意図的にLINEを無視されている可能性が高いです。

追撃ラインを送ってしまったら

追撃ラインを送ってしまったら、1週間前後は時間を置くようにしましょう。

その後、復活LINEを送ります。

復活LINEの送り方

反応が返ってこない場合には、追撃ラインを送るのもアリです。

  • 事務連絡
  • イベントの挨拶

何らかの仕事関係がある相手なら、事務連絡をするのが良いでしょう。

また、誕生日やハロウィーン、正月などのイベントに合わせて復活LINEを送るのも良いでしょう。

これができない場合は、女性との過去の会話から女性に関連に質問するのがオススメです。

女性が詳しいことについて「○○って何がおすすめ?」などと連絡するようにしましょう。

その他、「最近~行ってる?」などの軽いメールをしても良いです。

以上、追撃メールについてでした。

大事なことは、メールで女性と関係を深めようとするのではなく、実際に会っている時に仲良くなっておく、ということです。

これについては、以下の記事で詳しく解説しています。

おすすめの記事