カフェ店員のデートの誘い方について、解説していきます。

カフェの店員をデートに誘うには、長期的な計画が必要です。

いきなりデートに誘ってはいけません。

普通の女性との出会いと同じように、デートに誘うのは、ある程度打ち解けた会話ができるようになってからです。

それぐらいの好意のレベルになる前にいきなり誘っても、あなたがよほど女性のタイプでない限り、

「ちょっとこの後仕事があるので・・・」などといって、断られてしまうのがオチです。

デートに誘う前までに、女性と仲良くなっておく必要があります。

しかし、他の出会いと、カフェ店員などの店員とで、決定的に違うのは、「女性が勤務中」であるという点です。

そのため、一気に長く話して、仲良くなることができないので、カフェに通って、狙うカフェの店員さんと少しずつ会話して、仲良くなって行かなければなりません。

この点で、他の出会いよりも、効率が悪いので、恋愛初心者の方には、カフェ店員を狙うのはあまりおすすめできません。

初めは、簡単な挨拶から始めて、何気ない日常会話を経て、デートに誘う、という形になります。

カフェ店員との会話としては、まずはウケやすいのが、制服に関する話題、他の店員に関する話題です。

他の店員に関する話題では、見た目が面白い店員がいたら、それに突っ込んだり、女性と、他の店員との関係を勝手に決めつけたりするのが定番です。

例えば、「弟も良く頑張ってるね」などといって、「顔が似てるから、弟かと思った、ここ家族経営の店じゃないの?」とかです。

関係と決めつけた会話をし、女性にそれに突っ込ませて、会話を盛り上げます。

また、仕事内容に関する話題も定番です。「食器とか洗うと手荒れない?」とか、「立ちっぱなしで疲れるよね」とかの話題です。

それらに対して、その対処法の知識も用意しておくと良いです。

足の疲れには、「○○マッサージが効くよ」とか、「○○って食べ物がいいんだって」とかです。

他に、仲良くなれる方法としては、「変な注文」をする、という方法です。

これは、序盤にやると効果的です。

カフェなら、コーヒーのトッピングを変な組み合わせにしたり、何かを大量にトッピングしたりして、印象に残す方法です。

これは、カフェ以外でも、どの店でもできます。

うそでも良いし、その注文をたとえ受け付けてくれなくても、面白い注文を言って印象づけることが大事です。

ただし、変人、異常者と感じられない範囲の注文をして、印象に残すことが大事です。

狙うカフェの店員の女性と、何度も会うために、カフェに複数回通うことになるのですが、

その女性目的で通っているとバレるのは駄目なので、なぜ通っているか、という上手い理由を考えておいてください。

女性に「なんで良く来られるんですか?」と訊かれた時に、上手く答えられないと、怪しまれてしまいます。

「取りたい資格試験があって、家では集中できないから」

などと、何らかの理由を作っておきましょう。

こうして、何度も通って、徐々に会話を弾ませていき、その中から、女性の好みなどを調べます。

それをネタに、デートに誘ってください。

初回に行く場所としては、初デートの誘い方・初デート場所を参考にしてください。

女性の仕事終わりの時間をさりげなく訊いておくのも大事です。

女性が勤務している日と別の日にデートに誘うよりも、仕事終わりにさくっと誘った方が女性の心理的にハードルが低いです。

その時間まで勉強して、その後で、一緒に軽く食べに行く、などに持っていきやすいからです。

この場合も、その時間にカフェを出る自然な理由を用意しておくことが大切です。

「仕事終わりに、前好きって言ってた○○でも軽く食べに行かない?俺それまでに会社の資料作ってるからさ」みたいな感じです。

このデートの誘いの時点までに十分な関係が築けていれば、誘いに乗ってくるはずです。

もちろん、もし断られた場合でも落ち込んだ素振りを見せないでください。

そして、その行った先のデート場所で、やっと長く話せるようになるので、よりプライベートな話題を訊き出し、さらに、次のどこで会うか、ということも決めておいてください。

カフェ店員のデートの誘い方は、以上が王道です。

カフェ店員だけでなく、どの店員に対しても、基本は全く同じです。

最大のもポイントは、焦らず、じっくり行く、ということです。

それほど仲良くない相手に、勤務中に長時間話をされたら、不快なだけですから。

店員ナンパの場合、一気に仲良くなろうとすると失敗するので、長期的な目でじっくり狙っていってください。

おすすめの記事