デートに誘うのが怖い、という男性は多いでしょう。その理由は断られたらどうしよう、と思うからですね。

この記事では、女性に断られる確率を極限まで下げるデートの誘い方を解説していきます。

断られないデートの誘い方として最重要なのは、

デートの誘い方以前に関係性を構築しておくということです。

断られないデートの誘い方 布石を打つ

確実な断られないデートの誘い方は事前に布石を打っておく、ということです。

いきなり誘うから、デートに断られてしまうのです。

まずは、普段の会話中に「相手に好き」と言わせておくのが大切です。

「○○ちゃんって、好きな食べ物ある?」と訊いて、

「××が好き」と言わせておきます。

そして、その後で会った時に「××が好きって言ってたよね?良い店見つけたんだけど一人で行くのも何だから、一緒に行かない?」

という形で誘います。

いきなり「良い店みつけたんだけど一緒に行かない?」と誘うのと成功率が全く変わってきます。

これは心理学のの一貫性の法則を利用した方法です。

人は自分の意見を一貫させたい、という欲求を持っています。事前に○○が好き、と言っているのに、それを断るのは気が引ける、ということです。

このように、断られないデートの誘い方をするためには「布石を打っておく」ことが大切です。

事前に相手の興味を引き出し、相手が興味のあるデートに誘う、ということです。

断られないデートの誘い方 理由を付ける

断られないデートの誘い方として、理由を付ける、というものがあります。

人間はとりあえずでも理由を付けると断りにくくなります。

以下の例を見て下さい。心理学者のエレン・ランガー(Ellen J. Langer) が行った実験をまとめたものです。

  1. 「すみません、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  2. 「すみません、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  3. 「すみません、コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?」

コピーの枚数が5枚の場合、1の要求のみのときの承諾率は60%、2の本物の理由を付け足しときの承諾率は94%。

3の同じ意味の反復のような言葉の時でも、承諾率は93%だったのです。

このように、人に何かを頼む時に単に「○○してもらえますか?」と言うよりも「○○なので、○○してもらえますか?」と理由をつけると承諾されやすいです。

デートの誘い方においても「一人で行くのきまずいから」などのような理由になっていないような理由でも、効果的だということです。

断られないデートの誘い方のためには、とりあえず普段から、人への要求に対して理由を付けることが大切ですね。

おすすめの記事