女性と仲良くなる方法、女性と仲良くなるコツを、色々な状況に応じて解説していきます。

下記の内容をヒントに女性と仲良くなりましょう。

女性と仲良くなる方法のコツ

自然に合う機会を増やす

女性と仲良くなるためには、自然に会える状況を作ることが大切です。

女性と付き合いたいから仲良くなりたい!という欲望が丸出しで女性に会っても、仲良くなれません。

共通の趣味や話題などで、自然に女性と会える状況を作ることが大切です。

職場の女性と仲良くなるには

職場の女性と仲良くなるには、先ほど解説した通り、職場では自然に女性と接触することができるので、それを活かさない手はありません。

職場の女性と仲良くなるためには女性に「お願い」をすることが有効です。

「クリップ貸してくれない?」

「○○に行くよね?資料を一緒に持って行ってくれない?急用ができて」

「小銭忘れちゃって、貸してくれない?」

以上のような感じで、簡単なお願いを女性にウザがられないように自然にするのが効果的です。

このように、徐々に相手に要求していくことで「ここまで相手にしてあげた」という意識に女性がなってきます。

すると、食事の誘いなどにも女性が応じやすくなります。

頼まれることになれてくるからです。

「○○に××さんと行く予定だったんだけど××が急に来られなくなっちゃって。一人で行くのもなんだから一緒に行かない?」

このような形で女性と誘いましょう。

ただし、社内恋愛をすると、別れた後に問題になることが多いので覚悟してアプローチするようにしてください。

初対面の女性と仲良くなるには

初対面の女性と仲良くなるには、まずは挨拶することが大切です。

  • おはようございます
  • こんにちは
  • こんばんわ

時間帯に合わせて、まずは挨拶をしましょう。

その後、

目的が明確に分かる会話をしましょう。

「あの~えっと、何してるんですか?」

みたいな言葉は駄目ということです。

どういうテーマについて話したい、という目的が明確に分かる会話を初対面の女性とはすることが大切です。

女性と仲良くなる会話

女性と仲良くなる会話では、共感することといじることがメインです。

共感:いじる=8:2くらいで考えると良いです。

女性の話は話す内容そのものではなく、話すという行為そのものに意味があるのです。

だからスムーズに話せるように共感がメインで、たまにいじることが大切です。

共感してばかりでは仲良くなることはできません。

会話でいじり合うことができる関係性になってこそ、女性と仲良くなることができます。

おすすめの記事