年上の彼女の作り方や、好きな女性が年上だった、という時に重要な恋愛テクニックを解説していきます。

原則的な恋愛テクニックは同じですが、その他の女性に対してとは異なる重要なポイントがあります。

年上が好きな理由を伝える

まず、年上が好きな理由を伝えることが大事です。

年上の女性は、ほぼ確実に自分より若い女性に対してに劣等感を持っています。

若さこそが価値だとほぼ全ての女性が無意識・遺伝子レベルで思っています。

なので、その劣等感を取り除いてあげることが大事です。

そうしないと、女性が素の自分を見せられなかったり、年上を狙うあなたを疑いの目で見るからです。

なぜ同年代や年下ではなく、年上の自分を狙っているのか不審に感じているのです。

  • 年下は落ち着きがないから疲れる
  • 年上の方が教養があるから深い話しができる、
  • 年下とは~の好みが合わない、(食事、行先、歌、など)

などということを会話の端々にいれて、あなたが年上を好む理由を間接的にでも女性に伝わるようにすることが大事です。

それにより、年上女性の劣等感を取り除いてあげる重要です。

外見を褒める

年上が好きな理由を伝えることと関連して外見をほめることも大事な恋愛テクニックです。

年上の女性は、外見が若い女性に劣ることをかなり気にしている(無意識にでも)ので、その劣等感を女性をほめることで取り除いてあげましょう。

また、年上ということを気遣って言っているだろうな、というわざとらしいほめ方も、禁止です。

会話についてですが、ジェネレーションギャップを女性に感じさせてしまわないよう、自分の年代の言葉を使わないようにしましょう。

小さなことのように思えるかもしれませんが、こういう、ふとしたことで、女性がハッと、年下のあなたと付き合うことに疑問を抱き始めてしまうのです。

そして、その年上女性の年代が興味のある事柄を把握することが大事です。

その年代の女性をターゲットとした女性誌などを見て、情報収集してください。

それらの情報を参考に、会話内容や、デート先を決めます。

デート場所としては、若い女性よりも、落ち着いたムードの所を好む女性が多いです。

安心感を与える

年下の男性と付き合う女性は、若さ、元気さ、無邪気さ、などを好む女性が多いです。

しかし、女性は基本的に男性に「安心感」を求めています。

ですので、年上の彼女の作り方・付き合い方としては、安心感を与えるように意識することが重要です。

ほとんどの女性は、年上の男性を好みますが、これは「安心感」を求めるためです。

一方、安心感を女性に与えてあげると同時に、「隙」を作ることも大事です。

駄目な部分を時々見せてあげることで「隙」を作り、母性本能をくすぐってあげるのです。

年齢が上の女性は、やはり他人の世話を焼きたい、という母性本能が若い女性より強いので、その欲求を満たしてあげてください。

もちろん、基本は「安心感」を与えることが大事ですよ。

また、年上でも、タメ口を目指す、ということが大事です。

年上の女性だと、なかなかタメ口に移行できませんが、タメ口と敬語まじりなどを経て、必ず移行するようにしてください。

年上の彼女の作り方としては、以上の恋愛テクニックに特に注意していってください。

その他の恋愛テクニックも高品質なものを用意しているので、ぜひ見てみてくださいね。

おすすめの記事