メールでのデートの誘い方について解説していきます。いきなりですが、メールではデートに誘ってはいけません。

デートへ誘うためのモテるメールテクニックというのは、良く取り上げられるテーマで、本当にいろいろなメールでのデートの誘い方が開発されていますが、

私がメールでのデートの誘い方の正解を示したいと思います。

正しいメールの使い方

「メールでのデートの誘い方」の正解は、メールではできるだけデートに誘わないというものです。

メールの正しい使い方は、以下の通りです。

実際に会っている時にデートについての話題を出しざっと約束をする

細かい日時や場所などを後からメールし合って決める

ネット上では、色々なメールでのデートの誘い方のモテるメールテクニックがあふれかえっていますが、そのほとんどが失敗する可能性の高いデートの誘い方です。

メールでダイレクトにデートに誘うと、非常に高い確率で断られるか無視されるからです。

しかし、実際に会っている時にデートに誘うと、女性心理にはその場の雰囲気を保とうとする意識が自然に働くため、メールでデートに誘うよりも圧倒的に断られにくいです。

メールなら、デートの誘いを無視するという選択肢を簡単に取ることができますが、対面している時にデートに誘われたら女性は無視することができませんし、

断ったら申し訳ないという女性心理が働き断られにくくなります。

デートに誘うのは直接会っている時に誘うのが原則で、最悪でも電話でデートに誘うようにするべきです。

電話も、メールと違って、その場で無視されるということはありません。(電話に出てもらえるレベルの好意があれば)

重要な話題は対面で行う

セールスの世界でも、不動産など大きな額が動く商談は、ほぼ必ず対面で行っています。取引は対面で行うのが成功率が高いからです。

リアルで出会った場合に、初対面でいきなりデートの約束をするのはがっついている男だと思われるので、好感触の時以外はデートに誘わない方がいいですし、

ネットでの出会いでは、初デートにはメールか電話でしか誘えないので、メールでデートに誘います。

このような状況では、それまでの女性とのやり取りの流れを考えてメールや電話でデートに誘ってください。

しかし、これら以外の場合では、実際に会っている時にデートに誘い、約束をとりつけ、細かい日時や場所などを後からメールで決めるというのがベストです。

最悪でも、デートに誘う場所の話は振っておかないといけません。

二回目以降のデートでも、できるだけメールでいきなり誘うのではなく、きちんと前ふりをしておき、デート場所の候補を会話に出しておくことが大切です。

話題を振っておかずに、いきなりメールでデート場所を指定して誘うというのは、愚の骨頂です。

メールでのデートの誘い方に頭を悩ませるのではなく、その前の段階が重要なのです。

メールでデートに誘うのは、男性側としては女性に顔を合わせずに済み、心理的なハードルが低いのでついやってしまいがちですが、絶対にやめてください。

初めから失敗しにいくようなものです。自分の気が楽、という基準ではなく、相手の状況を考えて行動することが最も大切です。

女性の心理を読みとって、適切な行動をとれるようにしましょう。

おすすめの記事