ナンパでは、会話スピードが非常に重要です。

誠実系ナンパでは、普通の会話のスピードで会話しますが、それ以外のナンパでは、会話スピードが重要です。

ナンパで会話スピードを速める意義は、以下の2つです。

  • 「女性に考える時間を与えないこと」
  • 「女性を混乱させること」

この二つにより、正常な思考を奪い、ナンパについてこさせることができるのです。

ナンパの方法には大きく分けて誠実系ナンパと、そうでない普通のナンパがありますが、

「タイプだったので、声をかけました」のようなチャラくない感じの誠実系ナンパだと、ナンパの成功率はかなり低いです。

元からナンパに応じてくれるような性格の女性しか、ナンパが成功しません。

ほとんどの女性は、すんなりとはナンパに応じてくれず、必ず、無視してきたり、否定の発言をしてきます。

こういう女性をナンパでゲットしようと思ったら、必ず、会話のテンポの良さと、グダ(否定の発言)崩しの技術が必要になります。

ナンパが数十人に一人しか成功しない、と言う人がよくいますが、そのような人は「グダ崩し」ができていないだけです。

グダ崩しは、通常の会話では使うことが無いテクニックなので、その有効性に気づいていない人が多く、

グダ崩しのトレーニングをしないまま声かけだけしているから、ストリートナンパの成功率が伸びていかないのです。

グダ崩しを意識してナンパを続けて行けば、数人に一人、連れ出しに成功する、というレベルまで誰でもいけます。

ナンパの上手い人は、そうで無い人に比べ、グダ崩しが圧倒的に上手いです。

女性の良くあるナンパの断り文句、「待ち合わせがあるので・・・」「他にかわいい子いますよ・・・」などに対し、

即座に切り替えししてグダ崩しできるかどうかが重要です。

こういう否定の発言に対して、反応が遅いと、女性に逃げる隙を与えてしまいます。

クダ崩しの例

例 「待ち合わせがあるので・・・」のグダ崩し

「えっ、俺とだよね?(笑)」 「ほんっと、待ちくたびれたよ。待ち合わせ○時○分だったよね」(腕時計を見ながら、今よりもかなり前の時間を言う) 「待ち合わせって言っても、5分ぐらいは大丈夫でしょ?」

例「他にかわいい子いますよ・・・」のグダ崩し

「え、どこどこ、どこにもいないよ?」(周りを見回しながら) 「そんなこと言って、本当は自分が一番かわいいと思ってるでしょ(笑)」 「急いでるんで」に対しては、 「ストーカーに付けられてるんですか?良かったらボディガードしますよ」 「えっ、奇遇ですね、自分も急いでるんですよ、仲間ですね」

例「いつもナンパしてるんじゃないですか?」のグダ崩し

「うん、週7ぐらいでやってる(笑)」 「これで今日168人目だよ・・・」(疲れた表情をしながら) 「そう、反応してくれたのは君が初めてだよ(笑)、まじで嬉しいわ!」(冗談っぽい口調で)

「すぐに帰るので・・・」に対しては、 「えっ、家どこだっけ、フランスだよね?」 「でも、ダンボールの中って、寒くないor暑くない?」(女性がホームレスという設定)

のように、女性の否定の発言に対して、すぐにユーモアのある切り返しをすることが大事です。

こういうことを女性に言われた時に、「うっ・・・」(なんて答えよう・・・?)となってしまって、流れを止めてしまうから、ナンパが成功しないのです。

繰り返しますが、ナンパで高い成功率を誇るナンパ師と、そうでない男の最も大きな差は、グダ崩しの能力と言っても良いです。

ウケない場合ももちろんありますが、連続して畳みかけることで、反応してくれる確率が高まります。

予想外の返しをハイスピードで繰り出されると、女性は上手い断り文句を思いつくことができません。

グダ崩しを続けることにより、女性は混乱し、思考を停止させます。

思考が止まると、足も自然に止まります。

足を止めてからも、グダ崩しをしながら会話を続け、女性が断る理由をつぶしていき、カフェなどに誘導するのです。

ナンパでは理由を与えることが大切

ナンパで女性が着いてくるメカニズムは、積極的に着いてくるのではなく、

断る理由を排除して、上手く断れないから着いて行かざるを得ない、というものです。

よく、ナンパではヤリマンしかついて来ないから、ナンパしない、ナンパは駄目だ、と言うヘタレ野郎がいますが、

女性が真面目かどうかに全く関係なく、グダ崩しで女性の「断る理由」を上手く排除してあげれば、女性は着いて行かざるを得なくなります。

女性のグダに対して、素早い切り替えしのグダ崩しを続け、店への連れ出しを行うのがストリートナンパの最初のハードルです。

店に入った後は、女性はあなたのナンパに応じてくれた、ということなので、通常の会話スピードに戻って会話します。

ホテルに連れ込む場合も同様で、初めからイエス、という女性はヤリマンぐらいでほとんどいません。

だから、あらかじめ、否定の発言を崩すカードを用意してくおくんです。

ホテルに誘って、「会ったばかりだし・・・」

と言われたら、

「体の相性って、大事だと俺は思うよ。めちゃくちゃ好きな相手でも、体の相性悪かったら最悪じゃない?後で相性悪いって分かるくらいなら、先の体の相性を確かめた方が良くない?」

というようなグダ崩しを用意しておく、という感じです。

「会ったばかりだし・・・」と言われて、まごついて反論できずにいたら、絶対にセックスできません。

このように、女性に何らかの理由を提供してあげることが大事なんです。

グダ崩しのポイント

事前に、こう来たらこう返すというシミュレーションを十分にしておくことで、素早く切り返しすることができます。

グダ崩しのセリフは、女性に応じて使い分けることで、ストリートナンパの成功率が高くなりますが、ナンパ初心者のうちは一つに絞るのが大事です。

女性のタイプに応じて使い分けることよりも、「速度」の方がはるかに重要なので、声かけと同様に、同じセリフを使いこんで、即座に自然に切り替えしできるようになってください。

グダ崩しでは速度だけでなく、無理に言っている感じ、「芝居がかった感じ」にならないように、ナチュラルに言えるようになるまで使いこんでください。

恥ずかしがったりしながら言うと、効果が激減してしまいます。

ある程度ナンパになれて、自分で決めたパターンで素早いグダ崩しができるようになってきたら、セリフのヴァリエーションを増やして、女性に応じて使い分けるようにしてください。

ナンパが上手い人は、このグダ崩しの質と量が違います。

事前にシミュレーションしていても、どうしてもアドリブでグダ崩ししなければならない時がありますが、

そういう時は、切り替えしの上手さよりも、スピードを意識して返すようにしてください。

上手い切り替えしに越したことはないですが、スピードが無いのが一番ダメです。

女性に考える時間を与えない&混乱させることが大事です。

おすすめの記事