二回目のデートの誘い方には王道の正しい方法があります。これでOKという鉄板の方法があるので詳しく解説していきます。

二回目のデートの誘い方だけでなく、3回目のデートの誘い方、女性が彼女になった後のデートの誘い方も同じです。

二回目のデートの誘い方の流れ

初デート中に二回目のデートの提案→メールで予定の調整をして二回目のデート

→二回目のデート中に三回目のデートの提案→メールで予定の調整をして三回目のデート→三回目のデート中に・・・

というように毎回していくのが、デートの誘い方の鉄則です。

このデートの誘い方が、最も自然です。

メールや電話で、次にどこにデートに行くかの話題を初めて出すのは、その後のやり取りが面倒です。

必ず、前回のデートの最中に話題を出して「布石を打つ」ようにしてください。

デートを重ねた後の親密になった後のデートでは、デート中にそれほどはっきりとデート先を決定する必要はありませんが、

ある程度、女性が今興味のあることを突き止めたり、次のデート場所の候補の話題を出しておきましょう。

二回目のデートの意義

二回目のデートには、非常に重要な意義があります。

二回目のデートの誘い(二人きり)に女性が応じたということは、初デートまでのあなたの評価はOKだったということです。

一回目のデートの誘いに乗る女性心理は、「相手がどういう人間かを確認をしたい」というものです。

少し話して「この人、彼氏としてアリかも?」と感じた男性に対して、その男性についてさらに知りたい、という思いから、デートの誘いに乗るのです。

一回デートしてみて、男性の行動を見て、

女性は、初デート時には普段よりも注意深く男性の細かい言動を観察して、この男が付き合うのにアリか?ナシか?を判断しているのです。

一回目のデートの誘いには女性は乗ってきたのに、二回目のデートにはなかなか応じてくれない、

という場合は、一回目のデートの最中に、女性からの評価を下げる言動をあなたが取ってしまった、ということです。

ですので、二回目のデートの誘いについては、誘い方そのものよりも、一回目のデートの最中の行動が、大きく成功を左右します。

初デート時に評価を下げる主因となっているのが、「マナー」です。

身近な関係の女性とのデートでなければ、

初デートでは、女性が初めて「1対1ではない、自分以外の人間に対するあなたの態度を見る」ことになるでしょう。

そこで女性は、この男が一緒にいて、周りから見られて、恥ずかしい男ではないかということを確かめるのです。

女性は生物学的に、家を守るポジションについて来たので、周囲の人間との関係性を強く気にします。あなたの女性に対する対応が良くても、他人に対する行動が駄目なら、大きな減点をされてしまいます。

女性経験の少ない男性、デート経験の少ない男性は、デートする女性とのやりとりに気を取られて周囲の人間に対するマナーがおろそかになってしまいがちです。

一回目のデートの誘いは成功するのに、二回目のデートには女性が来てくれない、という人は数多くいると思いますが、

そういう人は、初対面の印象の時点ではプラス評価を得ているが、一回目のデートの時にミスがある、ということです。

一回目のデートの誘いの女性が乗ってくれるということは、

髪型やファッション、序盤のトークには問題がなかった、ということです。

二回目のデートになかなか女性が来てくれない、という人は、二回目のデートの誘い方よりも、

初デートの最中に、「何かおかしなこと」をしていないか注意するようにしてください。

おすすめの記事