女性にモテるかどうかを左右するのは、「会話」の上手さ、会話術です。

「会話を制する者は女性を制す」

です。

恋愛における会話術は、モテるかどうかを左右する、最も重要な要素です。

コミュニケーションのほぼ全てが会話によって行われるのですから、当然ですね。

ここでは、女性心理を揺さぶる、女心をつかむ女性にモテる会話術について話をしていきます。

モテる男の会話に共通の事項を恋愛心理学を通して、詳しく解説していきます。

まず、恋愛で女性にモテる会話術の原則について解説します。

女性にモテる会話の原則

女性にモテる会話の基本は、

「相手に関係のある話しだけをする」

ということです。

人それぞれ、食いつきのいい話題は異なりますが、

人間、誰もが興味のあることは、「自分自身」

です。

絶対これはウケるだろうという会話ネタなら、話しても良いですが、

「女性自身」に関係した話題が話しが盛り上がる「確率」が一番高いです。

女性に全く関係ない話題を出して、盛り上がることもあるかも知れませんが、盛り上がらない確率が圧倒的に高いです。

あなたの話したいことではなく、女性の話したいことを話させてあげることが大切です。

内部情報と外部情報

女性自身に関係することは、女性の内部情報と女性の外部情報に分けることができます。

女性の内部情報とは「女性の脳内にある情報」で、女性の知識や、思考などで、

女性の外部情報とは「女性が今、認識できる事柄」で、女性に現在見えているもの、見えるものなどです。

これらを意識して、女性に関係のある話題で話を展開させていくことがモテる会話術の原則です。

そして、その中で、できるだけ二人に共通の話題を探していくことが大切です。

共通の話題について意見を交わすことで、打ち解けるスピードがアップします。

女性に関係のない話題、あなた自身のことについて話す場合(作り話の場合でも)は、 ・女性から訊かれた場合 ・女性への質問の伏線を張る場合

以外は、原則として話さないでください。

これらの行動が女性から見られたら、「あなた」に関心を持ち始めている、ということです。

女性への質問の伏線の場合とは、女性に関係する話題・女性が興味を持ちそうな話題について、あなたが先に話して、女性に話させやすくするということです。

例えば、会話で「女性が犬を飼っている」という話が出たら、彼女が犬好きで、犬の話題が盛り上がる可能性が高いので、

「犬って動きがかわいくて見てると癒されるよね~。飼ってる犬のこういうところが癒される、ってのある?」

のような感じです。

伏線を張ることで、会話がスムーズに流れます。

あなたを主役にして会話するのではなく、「女性を主役にして話す」、ということです。

モテない男は、自分の話したいこと、自分に関係する話、つまり「内輪話」しかしません。

自分が知らない内輪話がどれほどつまらないか、あなたも体験したことがあると思います。

女性にモテる会話術の原則として、相手に関係のある話だけをするというのは本当に大事なので、

以下で解説する会話術を利用する際にも、常に意識してください。

以下では、

  • 共感する
  • ほめる
  • いじる

の3つの女性にモテる会話術を解説しています。

この3つは、女性にモテる会話をするために非常に重要なものです。

会話のテクニックは、無限と言っていいほどありますが、まずは、この3つを使いこなせるようになることが優先です。

その後で、その他の細かい会話術のテクニック身に着けていきましょう。

おすすめの記事