ほめられて嫌な気分になる人は少ないでしょう。

男女問わず、人間というものは基本的にほめられれば心理的に嬉しいもので、ほめることは重要な会話術です。

女性をほめることは、相手を良い気分にさせることができるため、非常に重要です。

ここでは、ほめる・優しくするということについての女性にモテる会話術について解説していきます。

しかし、ほめ方にもコツがあります。ほめるのが効果的だからといって、ひたすらにほめ続けてはダメです。

単純に「かわいいね~」などと言ってほめてばかりだと、自分にこびを売って、付き合おうとしているだけだと思われてしまいます。

そう思われないために、ほめ方の女性にモテる会話術を紹介しましょう。

まず、ほめる際には、下心が見えないようにほめることが大事です。

いやらしくニヤニヤ笑いながらほめたり、照れながらほめたりすると、気を引こうとしていることばれてしまいます。

恥ずかしがらずに、真面目な顔つきでビシッと男らしくほめましょう。

これが、基本です。

男性でビシッとほめることができる人は(特に日本人では)あまりいないので、これができるだけで女性心理に好印象を与えることができます。

「気を引くためにほめたのではなく、本当に関心してほめた」という印象を与えることができるからです。

ほめ下手な男性はかなり多いので、ほめ方が上手いと女心は動かされます

他の男がほめないところをほめるのも大切です。

他の男がほめないようなところについては、例えば、外見的にスタイルが良い女性は、「スタイルいいね」、とほめられ慣れているので、そこをほめても効果は薄いです。

そのような美人には逆に「気が利くね」などの内面をほめる言葉が、普段言われていないので非常に効果的で、かなり女性心理グッときます。

このように、他の男がほめないようなところを女性を観察して見つけだし、ほめることが大切です。

他の男がほめないところをほめるのに関連して、「限定してほめる」ということが効果的です。

限定してほめるとは、例えば、

「目の白目がきれいだね」(部位の限定)

「くるぶしがきれいだね」(部位の限定)

「笑った時はかわいいね」(状況の限定)

「左ななめ30度からみると、めっちゃ美人だよ」(状況の限定)

などです。

このようなほめ方をすると、好意があるのか、ないのかよく分からない感じで、好意を伝えることができます。

このような曖昧な好意の表現は、本格的に恋愛関係を進める上での良い布石になります。

からかいの要素が生まれて、女性が「何それ~?」

という反応になって会話がかなり盛り上がります。

変わった表現でほめるのも、効果的です。

「シャー芯みたいに細くてスタイルいいね」(例え)

とか、

「想像を絶するほど気が利くね」(形容詞)

とかです。

これらのほめ方は、ほめる同時に、相手をからかう効果や、ユーモアを与える効果もあるのでお勧めです。

上記のような表現は、どの女性に対しても、高確率で笑いを引き出せると思います。

他の男がしないような表現でほめる際は、二つのコツがあります。

「例え」「形容詞」です。

ほめる言葉を、普通ではない「例え」や「形容詞」で修飾することで、女性心理に他の男とは違うと思わせることができます。

理由を付けて具体的にほめることも、女性をほめる時に有効です。

簡単な例を挙げると、

1.「目がきれいだね」→「黒目が大きくて、目がきれいだね」

2.「スタイルいいよね」→「自己管理がしっかりできるから、スタイルがいいんだよね」

のような感じで、そのままほめるのではなく、理由を付けて具体的にほめるのが女性にモテる会話術として有効です。

特に、2の例にように、外見を直接ほめるのではく、その外見を保つために努力しているという内面のことに置き換えてほめるのはかなり有効です。

これは特に、外見をほめられ慣れている可能性の高い美人に対して有効です。

女性を「ほめる」際には、以上のポイントを守って、ほめるようにしてください。

当たり前ですが、本人が確実に違うと分かるほめ方はしないでください。(肌が汚い女性に、肌きれいだね、太っている女性に、スタイルいいね、など)

ただのイヤミになってしまいます。

ほめる際に全体を通しての注意点は、女性がほめられ慣れているかどうかで程度を変える、ということです。

つまり、普段からほめられ慣れている女性には、「ほめる」を少なく、

逆にほめられ慣れていない女性にはやや多めにするのです。

ほめられ慣れていない女性には、ほめることは大きな効果があります。普段ほめられていないので、より嬉しい気持ちになりやすいです。

逆に、ほめられ慣れている女性をほめすぎると、こびを売ってくる格下の男と見なされていまいます。

一般的に、見た目がかわいい女性や、美人である女性は、ほめられ慣れていることが多いです。

しかし、そのような女性でも、特殊な環境で育ってきた場合も考えられるので、注意が必要です。

例えば、小中高とずっと女子校で過ごしてきたとか、長期間、女性だけの職場で過ごしている、などです。

このような場合には、男性にほめられ慣れていないので、外見がキレイでも、ほめることが効果的、好感を持たれるという結果につながる場合もあるのです。

したがって、見た目で判断するのではなく、実際に会話から、ほめられ慣れているかどうかを判断して、どの程度ほめるかを調節する必要があります。

おすすめの記事