ナンパでの女性への声のかけ方について解説していきます。

まずは、動線です。

ストリートナンパで、どのような動きで女性に接するべきか?ということを解説していきます。

・声かけの位置

私の意見としては、ナンパをする際には、女性のやや斜め後ろから声をかけます。

ナンパ師の間では、前から声をかけろ、という前方派の意見と、後ろから声をかけろ、という後方派の意見があります。

色々な本や教材を読んでも、この二つの意見に分けられます。

後方派の意見としては、前方から顔を合わせた後にナンパすると、女性を身構えさせ、断る言い訳を考える時間を与えてしまう

というものです。

前方から行くと、女性は「この男、ナンパしてくるかも」となり、ナンパが成功しにくくなってしまう、という考えです。

前方派の意見は、後方からいきなり声をかけると女性を「驚かせてしまう」というものです。

だから、顔を女性の視界に入れてから声をかけて、女性に不安を与えないようにしよう、という考えです。

どちらの方法もメリット・デメリットはあるのですが、良いとこどりをして、

私は女性の斜め後ろから声をかけるようにしています。

斜め、というのは具体的には女性の周辺視野に入る角度です。

中心視野に入って、はっきりと顔を認識されると女性を身構えさせてしまうので、周辺視野に入るくらいの角度で、

女性の斜め後ろから声をかけます。

この方法なら、驚かせもせず、身構えさせもせず、女性に悪い印象を与えずに声かけをスタートできます。

女性が驚くタイプか、身構えてしまうタイプかは判断が難しいので、この方法が一番無難だと思います。

また、声かけの際の注意点としては、接近スピードを速くし過ぎないことです。

最善の角度から声をかけたとしても、速いスピードで男性が女性の視界に入ってくると、驚かせてしまうからです。

そのため、できる限り ゆっくり周辺視野に入るようにするべきです。

斜め後ろから声をかけた後は、すっと横に並び、半歩前に出る形で並走します。

自分の姿が、きちんと相手に見えるようにすることで、存在感をアピールします。

姿が女性に見えていないと、すぐに逃げられてしまいます。

半歩前、というのが重要で、前に出過ぎると、威圧感が強く、女性に警戒されてしまいます。

ナンパの前に顔を見られないようにするためには、建物の横に隠れたり、自販機の横に隠れたりして、「人の流れと直交」するようにします。

これなら、横から女性の顔をちゃんとチェックでき、かつ女性に顔を合わせなくて済みます。

注意点としては、ストリートナンパ以外の出会い

その他の「声をかけられることが前提で人が来ている」出会いの場では、正面から堂々と、目を見ながら声をかけてください。

そちらの方が、女性の心理に「自信のある男」という印象を与えて、優位に立ちやすいです。

ストリートナンパでなぜ斜め後ろから声をかけるかというと、女性を身構えさせたり、断る言い訳を考えさせないためであり、

その他の出会い、パーティーやクラブナンパなどでは、初めから女性は声をかけられることが前提で来ているため、

断わられる確率が元から低く、斜め後ろから話しかける方法は特にやってもメリットがないからです。

それよりも、堂々と正面から行って、自信のある姿を見せた方が効果的ということです。

・女性へ声をかける方向

声をかける側は、鞄を持っていない側からにします。

人間には、左右で意識の側と、無意識の側があるとされており、無意識の側からの情報には不安を感じやすいです。

コンビの芸人なども、自分の意識の側に相方を配置していると言われています。

女性は、出かける時にはほぼ確実に鞄を持っており、無意識の側を鞄で守っていると言われています。

ですので、鞄をかけていない「意識の側」から声をかけることで、女性が不安になるのを軽減することができます。

数人ナンパした程度では、効果が分からないかもしれませんが、数百人、数千人と声かけをしていくと、効果があると分かってきます。

このルールを守って損はないので、ぜひやってみてください。

やって確率が下がらないことは、できるだけやっていくべきです。

・足を止めさせる

ナンパする時には、最初は並走しますが、最終的には足をとめさせることが大事です。

足を止めさせる方法としては、後に解説する「グダ崩し」により主に精神的に足をとめさせますが、物理的に足を止めさせることも大事です。

どういうことかと言うと、女性と並走する時に、自然に女性を壁や建物の方向に誘導していく、ということです。 壁           女性  あなた         ↓ 壁      女性  あなた         ↓ 壁女性  あなた

という感じです。

これにより、女性の足を自然に止めさせることができます。

これが壁・建物と反対方向だと、女性がそちら側に動きやすいので、歩いて逃げて行ってしまいます。

こうしてあなたと壁で女性を挟むことで、女性が逃げづらくなり、歩くスピードが遅くなり、話を聴いてもらいやすくなります。

これは、ある程度上手いナンパ師なら、意識しなくても、自然にできています。

基本的に、自分の無意識の側を守ろうとするため、防御しやすいように、女性は無意識の側を壁や建物の側に向けます。

つまり、鞄を持っている側と、壁や建物がある側はったいていの場合、一致するということです。

しかし、鞄を持っている方向と、壁・建物の方向が、逆のことが時たまあるので、その場合は足を止めるために壁・建物で挟める方向からの声かけを優先してください。

女性の足を止めさせることは重要ですが、急に前に立ったり、手を大きく広げたり、腕をつかんだりして、無理矢理足を止めるのは絶対に厳禁です。

下手なナンパ師で、こういう行為をやっている男がいますが、あり得ません。

強い恐怖心を与えてしまうため、最悪の場合、悲鳴を上げられたり、通報されたりします。

あくまでスマートに、グダ崩しの会話や、自然な誘導によって足を止めさせることが大事です。

・女性との距離感

ナンパの声かけの時は、斜め後ろから声をかけ、並走する、と書きましたが、その際、「女性との距離感」が重要です。

声をかける時に、女性からの距離が遠すぎては女性に逃げられてしまいます。

「逃げにくい」適度な威圧感を与えないと、速足ですぐに逃げられてしまいます。

かといって、女性と並走している時に体が女性に近すぎると、女性の心理に恐怖や警戒心、がっついてる余裕のない男という印象を与えてしまい、ナンパが失敗してしまいやすくなります。

ですので、並走する時には、女性との適度な距離感を保ちつつ会話することが大事です。

カフェなどの店へ連れ出す前までは、近づき過ぎないようにすることが大切です。

(上の図でも、あなたと女性の距離間隔は変わっていないことに注目してください!)

ストリートナンパでは、この距離感はかなり重要です。

ナンパ時の女性との距離間隔の目安としては、45~75cmぐらいで、女性のタイプに応じて距離を伸縮させます。

女性が男慣れしているタイプなら近目に、女性が男慣れしていないタイプなら遠目にといった感じです。

他には、トークに乗ってくる、発言量が多いなら近目、そうでないなら、遠目、といった具合です。

この距離感は、ナンパを繰り返すことで掴めるようになってきます。

おすすめの記事